読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なたでここ

言いたいだけ

「ロメオ2015」をヴィクトリア朝英文学っぽく解釈した

2016年4月20日、NEWS LIVE TOUR 2015 WhiteのDVD/Blu-rayが発売された。初回・通常版には共通のSpecial Reelとして、NEWSメンバー個々のソロ曲のMusic Videoが収録されている。今回は、その中でも「ロメオ2015」のMVがあまりにも英文学科卒*1の私の心に刺さ…

【ネタバレあり】NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO 初見感想

今年も最高にハッピーなツアーの季節がやってきました〜!パチパチ〜〜!ということで、スタートの地である札幌公演の感想をしたためたいと思います。ちなみに席は初日:北スタンド32ブロ中段→2日目:アリC2ブロ(埋もれ)でした。NEWSちゃんたちは「「「「セ…

映画「ピンクとグレー」を観ました(ネタバレあり)

1月30日、漸く「ピンクとグレー」を観た。ネタバレ大好きで映画館に行く前には必ずレビューを覗く私が、今回、いろんな情報を自分からシャットアウトしていた。理由は二つあって、一つは、あれだけ宣伝されていた「#62分後ヤバい」を新鮮な気持ちで楽しんで…

「ジャニーズ楽曲大賞2015」に投票しました

以下ただの記録というかメモ書きです。 楽曲部門1位 「愛言葉」 NEWS NEWSが我々ファンに向けたド直球なラブソング。個人的には正直音源化はせず、ライブでのみ披露する形をとってもよかったんじゃないかと思っているが、彼らがこの曲を大切にしてくれている…

『Burn. -バーン-』を読んで

Burn.‐バーン‐ (単行本) 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/03/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 加藤シゲアキ先生の著作を読んで感想を述べるシリーズの4回目は、『Burn. -バーン-』(以下『Burn.…

手越祐也に歌ってほしいyasu (Acid Black Cherry・Janne Da Arc) の曲16選

夢を見た。私はライブハウス*1にいたのだけど、客はほかに誰もいない。どうして1人でこんな所にいるんだろう、とぼんやり考えていると、よく知ったイントロが流れてきた。手越祐也のソロ曲「Lovin' U」だった。そして耳慣れた声が聴こえてくる。でも、歌い始…

移りゆく世界の片隅で君に会えて嬉しい

当時小学6年生だった私が、気づけば23歳。もうお酒も飲めるし、まだ半人前だけどお仕事もしています。 高校受験、大学受験、就職活動。私が経験してきたライフイベントで、いつも寄り添ってくれたのは貴方でした。 特に就職活動。親元を離れて初めて直面…

アイドルと(疑似)恋愛の話

とても興味深い記事を拝読した。実はこの手の記事をずっと下書きにしたためていて、でもうまくまとめられなくて悶々としていたのだ。完全にインスパイアされた記事になるが、ここからは下書きにずっと眠っていたものに大幅に加筆して、私なりにアイドルとフ…

ジャニヲタ文芸部 第0回 「担当」

ichigonokimi.hatenablog.jp 漸く時間が取れたので、こちらに参加させていただこうと思います。滑り込み!ずっと書いてみたかった「担降りブログ」のようなもの。でも私は「担降り」の経験がないので、「担“堕ち”」ブログ、いや、「担“増し”」ブログといった…

ジャニーズとインテリジェンスについての考察

先日放送されていた、「NEWSな2人」を観た。自担Gながら、ああいう切り口の番組をいただけるなんて、なかなかやるじゃないかと思う。夕方のニュース番組でキャスターを務める小山慶一郎と、既刊4冊の作家先生、加藤シゲアキ。ただの「アイドル」という肩書き…

舞台「グレート・ネイチャー」雑記【ネタバレあり】

久々の小山慶一郎主演舞台、「グレート・ネイチャー」。4回お邪魔させていただきました。そして本日は東京千秋楽ですね〜!いやはや、小山くんが納得のいく舞台になってたらいいなぁという気持ちでいっぱい。 正直あらすじを書くのも難しいようなお話で、最…

『閃光スクランブル』とキリスト教

閃光スクランブル 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2013/02/26 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 40回 この商品を含むブログ (23件) を見る 今更ながら加藤シゲアキ先生の著作を読んで感想を述べる…

『ピンクとグレー』読書録

ピンクとグレー 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2012/01/28 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 234回 この商品を含むブログ (49件) を見る 文庫版『ピンクとグレー』を読んだ。恥ずかしながら、加…

「シンメ」という運命共同体―NEWSの過去のインタビューより

本当はシンメ毎に10000字についての期末レポート(違)を書き上げる予定だったのだが、気づいたら壮大なNEWSにおけるシンメ論が出来上がっていたのでそのまま掲載することにした。テーマのn番煎じ感が否めない。きっとこんな内容の記事は他に五万とあることで…

NEWS 10000字インタビューを読んで(主観編)

NEWS4人の10000字インタビューが出そろった。先日話題になった記事の二番煎じのようになるが、以前別の記事でチラッとぼやいてたように、このタイミングでちょっくら想いを吐き出しておきたいと思う。ちなみに私のNEWSに対する感情はこの辺りの記事↓でも吐露…

Second star to the right, and straight on till morning.(まっすーの誕生日に寄せて)

ピーターパンは実在した。 突然なんの話をするのかと思われても仕方がないと思う。話は、先日、日課の画像検索をしていた時に遡る。とある画像を見かけて、「ああ、今日もまっすーは相変わらずかわいいな、茶髪に戻したんだ?」なんて思った私は左下の文章を…

続・NEWSと「手」考

<a href="http://zannennen.hatenablog.com/entry/2015/06/19/211527" data-mce-href="http://zannennen.hatenablog.com/entry/2015/06/19/211527">NEWS LIVE TOUR 2015 Whiteを終えて~NEWSと「手」について考える - なたでここ</a>zannennen.hatenablog.com 上の記事で新生NEWSが我々ファンと手をつなぎがちであるという考察をした。鉄は熱いうちに打て、と言うので、やる気のある内に宣言通り彼らの楽曲中の…

NEWS LIVE TOUR 2015 Whiteを終えて~NEWSと「手」について考える

(6/27続き書いてみましたのでよろしければご覧ください) 続・NEWSと「手」考 - なたでここzannennen.hatenablog.com トピック「NEWSコン」について 2015年6月14日、彼らは言った。「東京ドームに連れてきてくれてありがとう」と。私はこの日観た景色を一生…

『傘をもたない蟻たちは』読書感想文

傘をもたない蟻たちは 作者: 加藤シゲアキ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/06/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 6月1日発売の加藤シゲアキ初短編集、『傘をもたない蟻たちは』を昨日購入、今朝読み始めて一気に読…

私たちのために頑張ると言い切った君へ。

今月はシゲちゃんの10000字インタビュということで、所感をツイートしたのを自分用にまとめるだけのエントリ。10000字に関しては4人のものが出そろった時に総括的に何か書きたいなあと思っている。 いちまんじ読んでたら誌面に普通に涙ボロボロ落ちてシワシ…

過去を振り返りつつ小山くんのお誕生日を祝う記事

4日ほど遅れましたが、小山慶一郎くん、31歳のお誕生日おめでとうございます!とりあえず私の愛の深さを示すため、以下にツイッターに私が書き連ねた愛情表現を引用してみようと思う。 今日くらいめいっぱいメンバーに甘えてね。31歳のお誕生日、心からおめ…

NEWS LIVE TOUR 2015 White

名古屋3公演行ってきましたので備忘録もかねてさくっとメモ! 席はスタンドH→アリB2→アリB5でした。ガイシ初めて行ったんだけど見やすいね!個人的には横アリより好き。スタンドHは俯瞰できる感じでとっても見やすかった。二日目のアリB5も距離感がいい感じ…

ブレイク論争に思うこと。

タイトルの通りなんですけど、某有名ブロガーさんの「嵐はいつからブレイクしたのか?」という話題がいろいろ派生してるので私の見解を述べてみたいと思って筆をとっています。とはいえ、私が語りたいのは嵐についてではないです。ずばり、「NEWSはブレイク…

舞台「フレンド-今夜此処での一と殷盛り-」

約一か月前ですか、10/8の夜の部に観劇してまいりました、「フレンド―今夜此処での一と殷盛り―」。NEWS関連の舞台は今年二回目。番協はことごとく外れるので、カウコンも入れなければこれが年内最後の現場となるでしょう。ところで関係ない話をすると最近私…

舞台「中の人」備忘録

去る4/28、東京グローブ座にて加藤シゲアキさん主演舞台「中の人」を観劇してきました。正直一度しか観ていない上相当ににやにやしていたのであまり記憶がないです。でも、さらに記憶が薄れることは避けたいので書いておく。私はパンフレット読んでないので(…